注目疾患の動向  

1. 県内の上位3疾患は次の通りです。()内は定点あたりの患者報告数です。
  1位 : A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(2.48)
  2位 : 感染性胃腸炎(1.57)
  3位 : 突発性発しん(0.70)

2.【報告数の多い疾患】 @ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(57名) A 感染性胃腸炎(36名)B 突発性発しん(16名) C 伝染性紅斑(13名)D 水  痘(11名)

3.【新型コロナウイルス感染症】佐賀県では第14週(3/30〜4/5)に7名(2020年届出累計8名)の報告がありました。手洗いの励行、手指消毒、咳エチケットで感染予防に努めましょう。

4.【A群溶血性レンサ球菌咽頭炎】患者報告数は減少(60名→57名)し、定点当たりの患者報告数は2.48となりました。うがいや手洗いの励行、手指消毒等で、感染予防に努めましょう。


     
注目疾患のグラフ