佐賀県感染者情報センター 虹
感染症発生動向調査
腸管出血性大腸菌感染症
日本脳炎
ツツガ虫病
インフルエンザ
ノロウイルス
結 核
エイズ
麻しん・風しん
予防接種
感染症の話
海外旅行の前に
記者発表の記録
リンク集

感染症情報センターのトップページ
ノロウイルス

ノロウイルスによる食中毒を御存知ですか?

小型球形ウイルス牡蠣写真
牡蠣中腸腺
秋の終わりから冬にかけて気をつけたい”ノロウイルス食中毒”

名称がかわりました!
 以前は「小型球形ウイルス(SRSV)」と呼ばれていましたが、平成15年の夏に世界で統一された名称に変更になり、わが国でも食品衛生法施行規則の改定により「ノロウイルス」に改められました。


どうやって感染するのか?
 人がノロウイルスに感染するときにはカキやハマグリなどの二枚貝が関与しているケースが多いようです。
 海水中のノロウイルスがカキ等の中腸腺に取り込まれ(カキは1日に24L〜70Lの海水を取り込む)、これを食べることにより感染し、ノロウイルスが小腸粘膜で増え発症する(100個程度のウイルス量で感染する場合もあります)と言われています。また、ノロウイルス感染者やノロウイルスに汚染された水・調理器具を介して感染することもあります。


いつごろ発生するか?
 1年を通して発生しますが、主に秋の終わりから冬(11月〜3月)に集中しています。


症状は?
 潜伏時間(食べてから発症するまでの時間):食後24〜48時間位
 主な症状:吐き気、おう吐、下痢、軽度の発熱、腹痛があり通常2〜3日間で回復します。感染しても全員に症状が現れるわけではなく、発症しても風邪の様な症状で終わる人もいます。しかし、症状はなくても、その後2〜3週間くらいは、便にウイルスが排泄されるので注意が必要です。


食中毒を起こさないためには?
○カキ等の二枚貝は、なるべく加熱して食べましょう。
ノロウイルスは熱に強いので、加熱が足りなければ感染してしまいます。85℃以上(中心温度)、1分以上加熱すれば、ノロウイルスは死んでしまいます。
フライは中まで熱が通っていないことがあるので注意しましょう。また、ノロウイルスは酸にも強いので、酢では感染性を失いません。
○カキ等を触ったときは、よく手を洗いましょう。
貝類や魚類を触ったときは、他の食材(特に刺身などの加熱しないで食べる食品)を汚染しないようにまめに手を洗う必要があります。
○貝類や魚類のドリップ(汁)が他の食品を汚染しないように十分注意しましょう。
・冷蔵庫に保管する場合は、ふたつき容器などに保管する。
・貝類が入っていた海水は、他の食品につけないようにする。


厚生労働省ノロウイルス食中毒の予防法に関するQ&Aにリンク
ページトップへ