佐賀県感染者情報センター 虹
感染症発生動向調査
腸管出血性大腸菌感染症
日本脳炎
ツツガ虫病
インフルエンザ
ノロウイルス
結 核
エイズ
麻しん・風しん
予防接種
感染症の話
海外旅行の前に
記者発表の記録
リンク集

感染症情報センターのトップページ

感染症発生動向調査 戻る

感染症発生動向調査とは

 

 『感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律』に基づく「感染症発生動向調査事業実施要綱」により、佐賀県では、感染症の発生状況を把握し、その分析を行い、情報を公表しています。感染症発生動向調査は、感染症の発生及びまん延の防止を目的としており、病原体検出報告と患者発生報告とから成り立っています。

 情報を収集する感染症は法律により1類から5類に分類されています。

 医師は1類〜4類及び5類の一部に該当する患者を診断したときは、最寄りの保健所に届出なくてはなりません(全数把握疾患)。

 その他の5類感染症は定点として指定された医療機関からの届出を受けてその発生数を把握する疾患(定点把握疾患)です。定点把握疾患は毎週集計され週報として還元されるものと月1回集計され月報として還元されるものがあります。