疾患別情報

ヘルパンギーナに注意しましょう

【佐賀県の状況】

平成30年第32週(8/6~8/12)の患者報告数は減少(62名→36名)し、定点当たり報告数は1.71となりました。流行発生警報は継続中です。タオルの供用を避け、手洗いの励行で感染予防に努めましょう。特にオムツを交換する時には、排泄物を適切に処理し、十分な手洗いをしてください。

 

 

【全国の状況】(IDWR通巻第20巻第30号より)

全国約3000ヶ所の小児科定点からの報告によると、平成30年第30週(7/23~7/29)の患者報告数は9,733名、定点当たり報告数は3.09です。

 

 

 

 参考リンク

国立感染症研究所 「ヘルパンギーナとは」

 

TOPへ